東京西川 「横寝サポート枕」購入&レビュー!いびき軽減に!

寝具の老舗である東京西川と、「住環境の生理心理学を極めた人間科学の専門家」により共同開発された快眠健康枕シリーズの「睡眠博士®」

今回は睡眠を快適にしたいとの思いで、「睡眠博士® 横寝サポートまくら 低め」をAmazonにて購入しました。

他にも、「睡眠博士® 首・肩フィットまくら」「睡眠博士® 寝返りアシストまくら」のシリーズがあり、それぞれ「高め」「低め」を選べるようになっています。
横寝サポートまくら パッケージ

2019/3/29、Amazonお急ぎ便にて購入。
お急ぎ便で注文。
  • 東京西川 枕 洗える 睡眠博士 横寝サポート 横向き寝が多い方向け ソフトパイプ 高さ調節可能 アーチ型形状 やわらかタッチ 高さ(低め) EKA0501202L 4,730円(税込)
(Amazonギフト券100円分を使用したので、実際の支払いは4,630円(税込)となっています。)






「横寝サポートまくら」を開封

早速開封。
箱を開封すると、横寝サポート枕と、高さの調節ができる予備のパイプが入っていました。↓
横寝サポートまくら 予備のパイプ
上の写真は枕の裏側になります。中のパイプの量を調整するためのファスナーが3つあります。

箱を開封してすぐは、箱なのか枕なのか分かりませんが、少々匂いがあるような気がしましたが、主人は特に匂いを感じなかった様子。
一日で匂いは消えていたので、そこまで気になる匂いではありません。
予備のパイプ
↑上の写真では少々見づらいかもしれませんが、同封されていた予備のパイプです。
予備のパイプがそこそこ入っているのはいいですね!
横寝サポートまくら 高さ調節の方法
↑商品が入っていた箱の裏面の一部。高さ調節の方法が紹介されています。
詰めものを出し入れすることで、自分にちょうどよい高さに調整することができます。
首部・後頭部と両サイドの3ヶ所が調節可能

補充パック付きで枕の高さをカスタマイズできるということで、枕の裏側には3つのファスナーがあります。
敷き寝具の硬さと自分の頭の高さにフィットするように、自分で中央部・両サイドの3か所を別々に調整でき、独立して調整できるという点がさらに横向き寝を安定させてくれています。

パイプを抜いたり増やしたりして自分の好きな高さに調整できますが、「低め」の枕を選択して購入したこともあって、今の所は届いたままの状態で使用しています。
一度そのままで使用してみて、使用感に合わせて自分のちょうどいい高さに調整していくといいと思います。
自分好みに調整できるというのはとてもいいですね。
横寝サポートまくら 枕裏側のファスナー
↑どのように調整するのか、枕裏側のファスナーを開けてみました。
ダブルファスナーかと思っていましたが、調整口の布をくしゅくしゅっと丸めながら中に収めている形状。
こぼれないのか心配しましたが特に問題なく使えています。
とても簡単に中のパイプの出し入れができるので、枕の高さを合わす時に詰め物を抜いたり出したりと繰り返す時に楽そうです。

丸洗いできるので清潔!

枕カバーを清潔に保つことはもちろん、枕自体も定期的に丸洗いしたいので、今までも丸洗いできるタイプのパイプ状の枕を使用していました。

「横寝サポートまくら」もネットに入れて洗濯機で洗えるので、衛生面でも安心。
※「首・肩フィットまくら」と「横寝サポートまくら」のシリーズはネット使用で洗濯OKですが、「寝返りアシストまくら」はウレタンシートは洗濯不可で、外してネット使用すれば洗濯OKという仕様になっているので注意。


ソフトパイプ使用で通気性・弾力性に優れた枕!

横寝サポートまくらの詰め物は、通気性・弾力性に優れたソフトパイプ。ソフトパイプを使用しているとのことで、実際に触ってみると思ったよりもやわらかなあたり。
パイプの大きさもちょうどいいと思います。ソフトタイプなので弾力が適度にあって柔らかで静か。

私が普段使用している枕はパイプが硬くて小さいものがたくさん入っているので、「がさがさ」「ごそごそ」「ごろごろ」といった感じの音が結構するのですが、ソフトパイプだと音が静かです。

パイプの枕を使用したことがない方にとっては、少々違和感があるかもしれませんが、あたりは硬くないと思います。あたりは硬くないのですが、枕の形自体はしっかりとしているのがいいですね。

横寝サポート枕の3つの特徴!

「横寝サポートまくら」の特徴として、
1、横向き寝にやさしい
2、首にやさしい
3、肩にやさしい
の3点が紹介されています。

まずは、「横向き寝にやさしい」
女性の約6割が入眠時に横向き寝になっているとのことで、こちらの枕は横向き寝に対応する両サイド高めのしっかり安定型の枕となっています。

今回の枕は、主人が「睡眠を快適にしたい」とのことで購入。
パッケージが女性の写真なので女性専用なのかと思いましたが、主人も問題なく使えています。

肩幅を考慮してやや高めに設定されている枕です。
サイド部分が独立した立体キルトになっているため、横向き寝が安定するようで、よくフィットしています。

次は、「首にやさしい」
↓パッケージの裏面に説明があり、首を支えるのが枕の役割だそう。(写真では少々見にくいと思いますが)
自然な立ち姿をそのまま横姿勢にできるように設計されているので、仰向けで寝た時に、中央の凹型形状が首と後頭部の後ろの隙間を埋めて首と後頭部を支えてくれます。
横寝サポートまくら パッケージ裏側
↑肩口が枕に当たるように「首と頭をのせる」というのがこの枕の正しい当て方だそう。そのため、肩口にフィットさせることが大切。

今までは枕に後頭部だけをのせる形で使用していましたが、この枕では首が不安定にならないようにしっかり枕とフィットさせて使用するようになっています。フィット感が増すと寝返りがしやすくなるというのが新発見です。

枕の中央にあるへこんでいる部分が、「頸椎カーブ」を正しく維持できるように後頭部を安定させてくれるので、頭が枕から外れないようになっています。

主人は寝相自体は悪くないのですが(むしろほとんど動いていない)、寝始めは枕を使っていても、睡眠中に呼吸が苦しくなって枕を外すということが頻繁にありました。
横寝サポート枕を使用してからは、枕が体に合っているのかその現象がなくなっています。寝返りが打ちやすく、寝苦しくない様子

最後に、「肩にやさしい」
横寝サポート枕は、肩口にしっかりフィットする大きめのアーチ型形状
肩と首の凝りについては主人はもともと感じていなかったようなので、その点の改善についてはわかりませんが、主人には合った枕のようです。

枕の横幅はもっとある方がいいのではないかと思っていましたが、寝がえりがうちやすいようで、途中で目覚めることが減りました。寝つきもよくなったと思います。
真ん中のへこんでいる部分に頭がいい具合に収まっており、寝がえりで左右に動いたとしても頭がうまい具合にはまっています。

横寝サポート枕の触り心地

横寝サポートまくら
↑袋から出してみた「横寝サポート枕」。
側生地(表側)には、やさしい感触のふっくらニットが使用されています。触り心地としてはなかなかいいと思います。

ただ、毎日枕カバーを洗いたくて枕の上に極薄のタオルを敷いて使用中なので、個人的には触り心地はあまり気にしていない部分ではあります。ちなみに、薄手のタオルであればこの枕の構造を生かしながら使うことができています。

いびき対策にも使用中

横寝サポートまくら 裏側
すべてのシリーズにおいて、「高め」と「低め」の2種類の枕が用意されている所もいい点だと思います。
枕がなくても寝れるタイプなので、今回は低い枕をチョイス。

「熟睡できている気がしない」と主人が悩んでいてネット購入した商品ですが、数日使用してみたところ、睡眠中に起きる回数が格段に減りました。

横で一緒に寝ていると、「いびき→寝苦しくなる→途中で息が止まる→むせる(たまに苦しくなって起きる)」という流れのパターンをよくしていたのですが、今は快眠状態にあるのではないかなと思います。

いびきをかいていた時の状態としては、喉や気道が塞がってしまい、上気道に空気が通る十分なスペースがなくなって呼吸が止まってしまうタイプのようでした。
仰向けに寝るといびきをかくのですが、横向きになると比較的いびきをかかないので、本人も横向きで寝る方が楽だそうです。そのために今回横寝枕を選択したのですが、完全にいびきがなくなったというのではなく、「ガガガ」「ゴゴゴ」「グーグー」という音が随分小さくなって、寝息のようないびきに変化しています。

ちなみに、いびきの音に慣れてしまっているので小さないびきならBGMぐらいにしか思わず、私は熟睡型で一度寝ると朝までぐっすりタイプなので、睡眠中にいびきの音で起こされてイライラということはありません。

いびきの音に悩まされるのは主人が先に寝ている時だけなのですが、呼吸が苦しそうだと聞いているだけでこちらも苦しくなって心配になるし、いびきが大きい時にはテレビの音が聞こえなくてちょっとイライラもしたのですが、今は隣で寝ている時のストレスが軽減されました。あまりに静かなので起きているのかと思ったら寝ていたということもあったくらいです。

いびきを解消するというのは、本人にとっても家族にとってもいいことだと思います。

いびき解消のためには

完全になくなったわけではないので、いびき解消のためにダイエットや生活習慣病の改善に努めることが大事だと思います。
いびきの治療としては、鼻づまりがある場合には耳鼻科的な治療、ダイエット、お酒を控える、禁煙などの他に、寝具の見直し・寝姿勢の工夫というのもあったので、自分に合った枕を選ぶことはいびき解消にも役立つそうです。

今までいびき対策グッズやテープを使用したこともありますが、あまり効果がなかったので、今回のものも気休め程度かなと思っていましたが、初めて睡眠が改善されました。

いびきが少なくなったので、高さを合わせるというのは睡眠にとって大切なんだなと感じました。
本人はいびき解消までできる枕とは思っていなかったようですが、寝心地がよくなったためか睡眠中の寝がえりの回数が減り、夜中に目覚めることが減りました。

仰向けで寝ている時は口が少し開いた状態になっていたために、夜中に目が覚めた時には喉がよく渇いていました。口を開けていると唾液を飲み込むことができず、口に唾液が溜まって「むせる」「咳き込む」「飛び起きる」といった状態にも。横向きに寝ていると口がそこそこ閉じられているので、その点でも楽になったのではないかなと思います。

「睡眠時無呼吸症候群」の症状があり、睡眠中の呼吸困難、起床時の頭痛、熟睡感不良、倦怠感、日中の眠気などを感じていたようなのですが、枕で改善できたというのは嬉しいです。
睡眠障害は心臓に負担がかかり、動脈硬化・心血管障害・脳血管障害を起こしやすくなるそうなので、枕を使用して経過を見つつ、生活習慣病の改善にも心がけたいなと思います。

自分の寝方に合わせてまくらを選ぶ

枕の素材や高さを気にすることはあっても、「自分の寝方に合わせてまくらを選ぶ」という考えはあまりなかったのですが購入して良かったです。
私は寝相が悪くて枕の上で目覚めることが少ないので、こういう人にこの枕が合うかどうかは微妙だなと思って追加購入はしていませんが、主人はいびきをかくだけで寝相はいいのでこの枕はあっているようです。
思った以上にフィット感があるので今までより寝やすい模様。

オーダーメイド枕と迷ったようですが値段が張るので、それに比べると4,730円という安さでいい枕を得ることができて良かったです。
普段安い枕を購入しているので、枕にしては少々高い買い物のような気がしましたが、本人も家族も快眠を得ることができたので良かったなと思います。

横向きで寝ると上気道の閉塞を軽減できるとのことで、抱き枕などの購入も検討しましたが、しばらくは「横寝サポート枕」で様子をみようかなと思います。

上記の内容はカウトコで買い取りされたレシート情報を基に作成されております。
カウトコ~レシート買い取りサイト~では、あなたのレシートを買い取りしています。
会員登録してレシート投稿を行うとポイントを獲得でき、集めたポイントはAmazonギフト券や豪華賞品に交換することが出来ます。
また、会員様を対象に定期的にポイントプレゼントや宝くじキャンペーン企画を行っていますので、この機会にぜひ会員登録を!!

関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿

高価買取情報

現在、以下の情報を高価買取りしております。(レシートや納品書、ネットショップの購入履歴のスクリーンショット等、購入したことがわかる情報であればなんでもOK)

・開店一か月以内の店(備考欄にてその旨を記入)
・SUP・カヤック・ボート用品:10pt~100pt
・パソコン本体:10pt~500pt
・新車(車・バイク本体):100pt~
・キャンプ用品:10pt~500pt
・釣り道具:10pt~500pt

※上記は目安金額であり、買い取りを保証するものではありません。
※レシート画像から商品の内容、店舗名、購入金額、購入日がわからない場合は、備考欄で内容の補足を記入していただかないと買い取りできませんので、あらかじめご了承ください。

人気記事