子供の手汗治療/イオントフォレーシス「サーリオ」レビュー

2020年5月公開 2020年9月13日更新
中学生と小学生の子供二人の多汗症治療のために「イオントフォレーシス サーリオ」を購入しました。(2020年4月購入)

ここでは、
多汗症について、多汗症あるある、汗疱状湿疹について、多汗症対処法、イオントフォレーシス「Saalio(サーリオ)」購入・使用レビューなどについて記述しています。

子供の手汗治療/イオントフォレーシス「サーリオ」レビュー
イオントフォレーシス「サーリオ」


多汗症について

多汗症には、
全身に発汗が増加する全身性多汗症
・身体の一部(頭・顔・手のひら・足の裏・わき)に過剰に汗が出る局所性多汗症
があります。


気温が高くなく、運動をしていないにも関わらず大量の発汗がある状態。
緊張・不安といったストレスも発汗のきっかけとなります。

体の一部から過剰に発汗する疾患の「局所性多汗症」の中でも、症状の起こる部位によって病気の名称も違います。

・頭部多汗症
・顔面多汗症
・手掌多汗症
・足蹠多汗症
・腋窩多汗症

子供2人は手の平・足の裏の多汗症なので、手掌多汗症と足蹠多汗症。(掌蹠多汗症)
小児~思春期に発症することが多い疾患で、特に手掌多汗症は日常生活への影響が大きく、足蹠多汗症を同時に伴っている人が多いようです。



掌蹠多汗症あるある

子供二人が感じていた多汗症の症状について(※親視点からの記述)

小学生になって手汗が多いことに気付く

子供が小さい時は手汗を意識することはありませんでした。

「子供=汗かき」と思っていたので、「顔・背中に汗をかくのと同じように、手・足にも汗をかいている」と違和感はありませんでした。

ただ、小学校に入って勉強が始まると、子供自身が手汗の症状に悩まされるようになり、「他の子と同じことができない」と苦労するようになりました。


手汗・足汗による皮膚疾患(汗疱)も出るようになりました。
不自由に感じるのは勉強面だけに留まらず、習い事や対人関係にも気を使うようになりました。

学校面での多汗症あるある


紙・ノートが濡れる(ふにゃふにゃになる)
(紙が濡れると消しゴムが使いにくく、破れることも)
・紙・ノートが手にくっつく
・細かい手作業ができない
・折り紙が折れない(ふにゃふにゃになる)
・鉛筆や物が手から滑る
・ピアニカ・リコーダーに汗が残る
・鉄棒・うんてい・登り棒などで手が滑る
常に厚手のタオルハンカチを所持
・特に運動をしていない、暑くもないのに手汗・足汗をかく
何かに熱中したり、テストや発表などで緊張すると一気に手汗をかく
汗に気を取られて集中力が低下する

対人関係での多汗症あるある


握手・手をつなぐ行動に気後れする
(「触れた時に手汗を嫌がられるかも」と思うと消極的になりがち)

・手を見せたくない
(手汗でできる汗疱が、一見水虫などの感染症に見えてしまう)

機械を触る時の多汗症あるある


スマホの指紋認証がスッとできない
(新しい買い替えた際「指紋認証なしのスマホに戻して欲しい」と言われました)

スマホがびしょびしょ

・キーボード・ゲームスティックがびしょびしょ

ゲーム機が壊れる
(上の子がDSを始めた頃、常にゲーム機のボタンがびしょびしょでした。
こまめに拭くように言っていたはずが、次第に「〇ボタンがきかない」「次は十字キーも」と言うように。
DSを分解してみたところ、たまりにたまった手汗が内部にギトギトこびりつき、金属部分は錆びていました。イヤー
保証期間が過ぎていたので修理部品を取り寄せて自力で修理しましたが、細かい部分のパーツ交換よりも、機械の奥にまで染み込んだ汗のこびりつきの払拭に一番手間がかかりました。)

習い事での多汗症ストレス

テニスラケットのグリップが手汗で濡れる
(ラケットが吹っ飛ぶほどの手汗ではないものの、かなりのストレス)

・汗疱で手の皮がむけ、テニスラケットを強く握れない
(下の子の汗疱が特に酷く、春から夏への変わり目に毎年悩まされています。
汗疱ができるとかゆく、皮がむけると場所によっては染みる。
皮がむけたすぐは痛くてテニスラケットを強く握れない。
打球が普段と比べてかなり弱くなり、心配してコーチが絆創膏をくれたことも。)

武道での練習で手汗が気になる
(「手汗が相手を不快にさせてしまう」という点がストレスに。
手汗をかく体質を皆に予め伝えておくことで、他の生徒に嫌がられる素振りをされませんでしたが、休憩時間にまめに手を洗う、組手の前にハンカチや道着で手汗を拭くなど清潔感を意識させました。)

足の多汗症あるある

手足が濡れていて冷えている
(コタツに一緒に入っていると、触れた足の裏が冷たくて少し驚かされる)
・帰宅した子供の靴がぐっしょりしている
・クロックスを履いていると足汗で滑って脱げてしまう
・裸足になって歩くと床に足跡が残る




掌蹠多汗症の不自由さ

健康上の問題はないようにみえて、日常生活での不自由さはかなりありました

見た目では汗をかいているかどうか分かりにくい程度のじんわりと湿った手汗でもこれだけ生活に支障が出ていたので(多分レベル1~2)、手のひらから汗がしたたるほど大量の汗をかいてしまうレベル(レベル3)だともっと苦労することでしょう。

精神的緊張で交感神経が刺激されて発汗するので、「汗を止めよう」と思うとさらに出てきてしまい、テストや授業に集中できないのが嫌だったそうです。
2020年6月17日放送の「ホンマでっか!?TV」の汗っかきの悩み特集でも、「手汗は体の汗以上にコントロールができない」との声がありました。

また、武道では相手と触れ合うことが多く、「相手も嫌と思うけど、自分も不快にさせているのが嫌」とのこと。
手汗ハンデを抱えて二人とも5年間通いましたが、仲間に恵まれ感謝の日々でした。
子供は何とか続けることができましたが、多汗症のために好きなスポーツを諦めた子もいるかもしれません。

寝ている時には手汗をかかず、脇汗もそこまで多くありません。
手や脇からの臭いはありませんが、足汗が酷い時には靴が臭くなるので、靴乾燥機にかけたりまめに洗う手間があります。




多汗症が原因の汗疱で皮膚科へ

周りに「子供が汗かきで・・・」といった方が複数いたので、最初は特に病気と認識せず過ごしました。

が、ある時から子供の手のひらにプツプツとした吹き出物がたくさんできるように。
スイミングをしていたので「何か感染症がうつったのか」と心配して皮膚科へ。

そこで初めて知った「手掌(しゅしょう))多汗症」。

↑手のひらにプツプツとした吹き出物がある状態

「子供は汗をかきやすく、体がそれに追いつけずに汗疱(かんぽう)ができる」
「手のひらから出ていく汗の量の限界を超えて、皮膚の下に溜まっているので、これが湿疹となって痒くなる」
といった説明を受け、塗り薬を貰いました。

汗疱状湿疹とは、手掌・足底に痒みを伴う小水疱が出現する湿疹性の皮膚疾患。
汗をかきやすい夏季や季節の変わり目になりやすく、小さい水ぶくれができたり薄く皮がむけてきたりします。

毎年繰り返すことも少なくありませんが、子どもでは成長するにつれて軽くなることが多いようです。

薬を塗って10日程で元通りになったので良かった良かったで終わったのですが、季節の変わり目ごとに(特に春から夏にかけて)何度も同じ症状が出るように。

ちなみに、
水虫は指の間など蒸れる場所に発症しやすいのに対し、汗疱は指の側面・手のひら・足の裏全体など広い範囲にできます。
小さな水疱のまま自然治癒することもあれば、水疱が大きくなってかゆくなり、皮がむけてかき壊してしまうことも多々。
水虫と違って人には感染しません。


成長とともに症状が軽くなるかも」という言葉通り、確かに手汗はあるものの、上の子は手の汗疱が収まってきていました。
ただ、足裏はいまだによく皮がむけてしまっていて、足の悪臭・水虫の発生などが心配。

皮膚科では汗疱を直すための薬をもらうだけだったので、
「汗による汗疱を薬で治療するだけではなく、汗疱が出ないように多汗症の治療をしたい」と考えるように。




多汗症の治療をしたい


手足の汗の量が減ってこない

汗疱を塗り薬で保護するだけでなく、手汗・足汗そのものを減らす治療をしたい

と思って自分なりに治療法を調べたところ、

・塩化アルミニウムを含んだ塗り薬
(脇汗には有効。効果が一過性。長期使用による皮膚炎の可能性も)
・胸部交感神経遮断手術
(多汗を引き起こしている交感神経を切除する手術。副作用の代償性発汗について個人差が大きい。一度行うと手術前の状態に戻せない)
・イオントフォレーシス
(手足を水のはった容器に浸し、弱い電流を流して汗の出口を塞ぐ。1回の治療で効果が持続せず繰り返し行う必要がある。1回の治療が20~30分で週3回通い続ける→効果が出始めると治療回数は減る。)
・内服薬
(喉が渇く副作用があり、大量に水を飲むと汗が増えてしまう)
・ボツリヌス毒素の局所注射
(交感神経を麻痺させ汗を出すのを抑える。1回の注射で数か月効果が持続するが、副作用もあり)

などがあげられていました。

Amazonでは、塩化アルミニウム不使用の手汗止め用のクリームの販売などもありました。
パッケージが高級ハンドクリームのような感じなので持ち歩きにも良さそうです。



精神性発汗に効果があるつぼもあるので、自律神経の乱れをおさえてくれるつぼを刺激するのもいいようです。

イオントフォレーシスの治療を検討

上記の中で、
副作用が少なく、効果が高そうなのは「イオントフォレーシス」治療と判断。

ただ、通っていた皮膚科には機械がなく、田舎では治療してくれるところが少なそうでした。
※「多汗症の専門的治療ができる病院」としてネットで記載されていても、問い合わせすると塗り薬・内服薬のみの場合も。

大病院には遠く、予約が取りにくそう。
一回の治療が20~30分であったとしても、遠い所まで週3回二人を通わせ続けるのは難しいと感じました。(効果が出てくると週1にはなるよう)

家から通える範囲の皮膚科には「イオントフォレーシス」が導入されていなかったため、治療は数年先と考えるように。
大学生になったら自分で通院できる年齢になるし、講義のない時間に予約を入れて通えるようになるかも、それまでに手汗が収まっていれば・・・と。

長期休校がきっかけとなり、自宅治療を検討

治療はまだまだ先になると考えていた所、コロナ感染症対策として急遽長期休校に

子供がたいそう暇にしていたので、今のうちに自宅でできることはないかと考え、イオントフォレーシスの家庭用機器の購入を検討。

自宅で使用できる家庭用イオントフォレーシス機器は高価。

しかし、

自宅で過ごす時間が多い今なら、イオントフォレーシスを習慣化できる
二人の内一人だけでも効果があればラッキー
・皮膚科に週3回も通うと違う病気をもらいそうだけど、自宅治療なら通院なしで続けられる

と考えて、口コミ評価が良かったドイツ製家庭用イオントフォレーシス機器「Saalio(サーリオ)」を購入することに決めました。
色々なメーカーの物がありましたが、サーリオが一番使い勝手がよさそうでした。


サーリオと他商品との比較

サーリオのメリット

・治療頻度が少ない
・治療時間も短い
・消耗部品がなく長期使用に向いている
・腋窩多汗症・顔面多汗症用の器具も別売りで購入できる
・日本サイトで注文できる

サーリオのデメリット

・値段が他社製品に比べて倍以上高い

子供の手汗治療/イオントフォレーシス「サーリオ」レビュー
イオントフォレーシス「サーリオ」

9万円の商品を子供に購入するのはかなり迷いましたが、
・もう汗で嫌な思いをしなくて済む
・二人分の治療が一台でできる
・これ以上ゲーム機・スマホが壊れるのを防げる
というメリットと天秤をかけて購入を決めました。

Dermadry(ダーマドライ)」の方が値段が半額程度で安いので最初はそちらを検討していたのですが、サーリオの方が治療時間も治療期間も短くて済み、消耗部品がないので長期使用に向いているかなとこちらを選択しました。
Dermadry Total - 手・足・脇の過剰発汗の治療用イオントフォレーシス装置」でも効果は高いようで、値段が安くてAmazonで購入できるというのは嬉しい点です。







イオントフォレーシス「サーリオ」購入

子供の手汗治療/イオントフォレーシス「サーリオ」レビュー

2020年4月24日に注文

サーリオ®本体(説明書日本語訳  手足用のマットとトレイ付き) 89,800円
脇汗パッド(脇汗用の電極版×2とスポンジ×2のセット) 6,800円
・合計 96,600円(配送無料)

特に脇汗には今の所困っていませんが、9万円の商品と比較すると7千円の商品が高く見えないマジックにかかり、ついでに注文してみました。

スイスポスト国際郵便で配送されるので、届くのは5~7営業日。
送料は無料となっていますが、海外からの商品は受け取りの際に輸入関税がかかり、商品受け取りの際に4,200円配達員に支払いをしました。(公式サイトでは5,000円~7,000円、3,500円~5,500円かかるとありました。変動します。)

商品代と輸入関税を合わせると100,800円(税込)。
特別定額給付金一人分と同額程度かかりました。

4月24日朝にネット注文し、注文日に出荷されました。到着は5月2日。
コロナで影響があったのかどうか分かりませんが、到着は8日後。

「Saalioは追跡番号付きで安心」とあったのですが、購入完了ページ、注文確認・発送メールに追跡番号記載を見つけられず、高額商品というのもあり本当に届くのかかなり不安でした。
到着が遅かったので追跡番号を教えて欲しいとのメールを送りましたが返信がないままで、詐欺にあったかと思って焦りました。返信はありませんでしたが到着して良かったです。。。



イオントフォレーシス「サーリオ」使用レビュー


子供の手汗治療/イオントフォレーシス「サーリオ」レビュー

初回の治療は1~3mAから始めて下さいとありましたが、子供たちはもう少し上でも大丈夫でした。
※6歳以下の子供の使用は禁止と説明書にあったので、購入の際はその点に注意。

治療中にゆっくりと上げていき適切な強さに調整していきます。
電流を感じないと効果がないので、不快感・痛みがない程度の数値を探っていきます。

張り切って治療開始しましたが、「初期の段階では、手・足・脇部位を別々に治療すること(混ぜた治療はしない)」とのこと。

子供の手汗治療/イオントフォレーシス「サーリオ」レビュー


↑説明書を16ページまで読み進めて気が付いたので、初回は卓上で両手、机の下で両足といった感じで同時に治療してしまいました・・・。(手足を同時に治療すると10分で終了するので楽でしたが)

「手だけ」「足だけ」と治療する方が最適の設定数値を判断しやすく、効果もあらわれやすくなるようです。

初期第一段階・初期第二段階までは(約一か月)、毎日10分or週4回15分の治療。
※両手・両足・両脇部位を混ぜた治療は不可

継続の段階になると、週1~2回15分、混ぜた治療もOKと随分楽になります。


休校中は朝に自宅学習させていたので、勉強をしながら足の治療、休憩中に手の治療といった感じで進めていきました。
ぬるま湯を使うようにしたので、手足を水に浸す不快感は少なかったとのこと。

2人分だから準備も片付けも2倍・・・ということはなく、交代で片付け・スポンジ洗浄の手伝いをしてくれたので結構楽でした。

サーリオで治療:上の子(中学生)

初日:両手両足を同時に10mAを15分(間違って両手両足を同時に治療)
2~12日:両手10mA~15mAを10~15分、両足10mA~15mAを10分
13~21日:両手10mA~15mAを10~15分、両足15mAを10分を1日おき
22日~:両手10mA~15mAを10~15分、両足15mAを10分
38日~:両手両足20mAを10分。1週間に1回に変更

といった感じで治療中。

8日目:少しづつ手汗の量が減ってくるのを感じる。思ったより早くて驚く。

13日目:手も足も乾燥状態に(写真1)。指が乾燥して薬指・小指に少し痒みを感じる。
説明書には「毎日10分or週4回15分の治療」とありましたが、水分がなさ過ぎて違和感があるとのことで、1日おきの治療に変更。

子供の手汗治療/イオントフォレーシス「サーリオ」レビュー

15日目:乾燥からくる痒みがおさまる(写真2)
暑くて顔・頭に汗をかくことはあっても、手汗・足汗はかかなくなる。(ゲーム中も手汗なし)

21日目:手汗・足汗軽減の効果にかなり満足。
継続の段階に入ると週1~2回になるので、もっと楽になりそうです。

22日目~:手が乾燥しすぎて気持ち悪かったようなので一日おきで治療していましたが、手の状態に慣れてきた様子。
一か月使い続けることで継続段階に入るので、毎日使用に戻しました。

38日目~:両手両足20mAを10分。1週間に1回に変更。
途中回数を減らしていたので少し遅めの38日目から継続段階へ。
手足を同時に治療できるようになって時短になりました。
準備の手間も軽減されるので嬉しい所。
両手足同時治療だと少し強めの電流でも耐えれる様子。

6月下旬:1週間に1回の治療で十分効果あり。
「〇〇の授業・テストがあるからこの日は手汗をかかないようにしたい」と思う時があれば、直前に回数を増やして手汗が出ないように子供なりに調整しているようです。
カサカサになりすぎることもありますが。
TVゲームを何時間もしていると手汗が少し出ることもありますが、普通の人程度かな?と思います。
ゲーム機もスマホもびしょびしょにならなくなりました。

7月下旬:手汗をあまりかかなくなったので週1のサーリオですらさぼることもありましたが、テスト期間中手汗を気にすることなく乗り切れたのがとても良かったです。

9月上旬:現在も両手両足同時治療を大体週1のペースで治療中。

10月上旬現在:最近手汗に困っていないようで治療をさぼりがち。
「一回治療を止めると、また毎日治療しないといけなくなるかもしれないよー」と声をかけていたのですが、以前のような兆候はなさそうです。
治療の間隔があいても手汗がそこまで増えなくて不思議でしたが、「手汗をかいてもサーリオがある」という安心材料を持つことで精神的不安が解消されつつあるのかもしれません。
今まではどう頑張っても手汗を抑えることができなかったので(頑張る程むしろ逆効果)、手汗コントロールができるようになって気分が楽になったようです。
嬉しい誤算です。

サーリオで治療:下の子(小学生)

サーリオ購入時は手の状態が悪く、風呂上りでふやけた手のひらがこのような感じに。↓

子供の手汗治療/イオントフォレーシス「サーリオ」レビュー

傷がある状態での治療は痛そうなので、下の子の治療はしばらく待とうと思いましたが、サーリオが到着した頃には状態がそこそこ収まり、一緒にやりたいとの本人の希望があったので同時期に治療開始。

ピリピリとした感じが上の子よりも感じやすいので、設定値は低め。

初日:両手両足を同時に7mAを15分(間違って両手両足を同時に治療)
2~6日:両手6mAを10分、両足7mAを10分
7~9日:休息
10~21日:両手3~6mAを5~10分、両足7mAを10分を2~3日おき
22日~:両手3~6mAを10分、両足7mAを10分
38日~:両手両足5~7mAを10分。1週間に1回に変更。

刺激のせいか途中から汗疱状湿疹ができ(治療前から季節の変わり目による汗疱の症状が少しありましたが)、電流が低くても痛くて毎日続けることができず、低い設定値で休み休み治療。
傷がある部分にはワセリンが有効なのですが、全体的に皮膚疾患がある場合は治療をしない方がいいと思います。

子供の手汗治療/イオントフォレーシス「サーリオ」レビュー

4日目:手のひら・指先に汗疱が(写真1)←治療前から少しあったような・・・
6日目:足裏に汗疱ができ始める
8日目:汗疱の水ぶくれが大きくなる(写真2)
11日目:水ぶくれが破れ、皮がむけ始める(写真3)、汗の量が少なくなったのに気付く
15日目:湿疹があった部分の皮がほぼ取れて、薄皮状態(写真4)

子供の手汗治療/イオントフォレーシス「サーリオ」レビュー
↑足裏に汗疱ができた状態(6日目)

サーリオのレビューというよりは、汗疱状湿疹の経過レビュー。。。
湿疹があって汗の量どころではなく、ほとんど治療できていない感じ。

期待は低かったのですが、休み休み&低い設定値でありながら、上の子を追うように手汗・足汗の量の変化を感じていました。(なぜ)

21日目:「汗がなくて気持ち悪い&手が痛い」とのことで4日治療しないでいたところ、今まで上の子よりも設定値が低かったためか、手汗・足汗がうっすら出ました。
皮膚の状態もよくなったので、少しづつ治療頻度を増やすことに。

22日目~:低い設定値で毎日治療に戻しました。

38日目~:両手両足5~7mAを10分。1週間に1回に変更。
ビリビリ感を敏感に感じるようなので低い設定値のままですが、今の所手汗に困っていないので、下の子も両手両足治療・週1に変更。
親も子もかなり楽です。

6月下旬:上の子と違ってビリビリ感を強く感じる体質ですが、両手両足治療だと痛みが減るので少し数値を上げることができています。
以前は一発でできなかった携帯電話の指紋認証もすぐにできるようになり、手汗が減って宿題もやりやすくなったようです。

7月下旬:以前は7mA程度しか数値を上げれなかったのですが、最近やっと慣れてきて両手両足同時治療で15mAまで大丈夫になりました。
汗の量が減って汗疱ができなくなったのがとても良かったです。

9月上旬現在:現在も両手両足同時治療を大体週1のペースで治療中。
汗疱ができなくなったので、勉強やスポーツで不便になることがなくなりました。

(上の子も下の子も説明書通りの治療頻度ではないので参考にはならないかもしれません。。。)


数年先に病院で治療できればと考えていましたが、サーリオを購入したことで早期に自宅で治療開始することができてよかったです。

今は未使用ですが脇汗用キットも追加購入しているので、思春期や成長期で汗の量やにおいを子供が気にするようになったら使用を勧めてみようと思います。




手汗をかかなくなって変わったこと

タオルハンカチが不要に

今までは常に湿っていた手足が、2週間で常にカサカサ状態になりました。
あまりのカサカサぶりに「少しは潤いがあった方がいい気がする。違和感を感じる。治療が効きすぎ」と言っていましたが、家でも学校でも手放せなかったタオルハンカチを卒業することができています。

ゲーム機・スマホのびしょびしょ感がなくなり、ゲームがしやすくなって指紋認証に苦労する事もなく喜んでいます。

姿勢の矯正

手汗をかかなくなったことにより、勉強中の姿勢を矯正中。

今まで「左の手の平で紙を押さえて字を書く」というのができませんでした。
紙を手のひらで押さえると、手汗で紙が濡れて張り付き、ふにゃふにゃになってしまうためです。

そのため、自分なりにどうやったら紙が濡れないかを考えたようで

・握りこぶしで紙を押さえる
・手の甲で紙を押さえる
・肘で紙を押さえる
・ハンカチごしに紙を押さえる
・白手袋をつけて紙を押さえる(自宅の場合)

といった方法で勉強していました。

真面目に勉強しているように見えないので「紙をきちんと押さえていい姿勢で勉強しなさい」と言うと、「紙が濡れてくっつく」と返されて「うーん」となっていましたが、これからはきちんとした姿勢で楽に勉強できるようになればいいなと思います。

手がカサカサでビニールがめくれない

スーパーのビニール袋を開けてと頼んだら、手の湿りがなさすぎて袋を開けることができず、「こんな体験を初めてした」とびっくりしていました。

私は汗を全くかかず(それも微妙)、新聞紙をめくるのにも苦労するようなカサカサ具合なので、新聞をめくれなかったり袋を開けれなかったりする様子を不思議に思っていたようです。


多汗症は遺伝するのか?


父親は暑がりで夏に汗をよくかく体質。
母親は全く汗をかかない体質。

父親が汗かきなので、子供の汗かきも同じものと考えていましたが、
父親が顔・頭に出やすいのとは違い、子供二人は暑さ寒さに関係なく手足に発汗。

汗かき(体温変化による汗)、熱中・緊張状態ではかかない
汗かきではない、リングフィットで一時間激しく動いてうーっすら汗をかく程度。入浴で汗を出そうと発汗作用のある入浴剤を使う
子供(上)汗かき常に手足が湿っている、熱中・緊張状態で手汗・足汗を大量にかく
子供(下)汗かきではない常に手足が湿っている、熱中・緊張状態で手汗・足汗を大量にかく

両親は真逆の体質で、4人それぞれの汗のかき方に違いが。

両親に手汗・足汗の悩みがなかったので子供の症状に気付くのが遅く、症状への理解・アドバイスが難しかったです。

親が多汗症で工夫してきたことなどがあれば、子供へのいいアドバイスができるのかもしれません。

多汗症の遺伝についてですが、家族で一人だけの人もいれば、親子で同じ症状が出ている人もいます。
多汗症には精神的な要因もあるので、性格が似ていて同じ症状を発症しやすいともいえます。




最後に

多汗症は命に関わるような深刻な病気ではありませんが、思うように作業できないことはかなりのストレスで悩みにつながります。
小さい子ほど素直に物を言うし、手汗を指摘されてからかいの元になることもあるでしょう。

人と触れるのが嫌・怖い
人の目が気になる、人前に出たくない
汗のにおいが気になる

など、対人関係でのストレスの方が対処しにくく苦労するところ。


主人は昔から汗かきでしたが、「いつもタオルで汗を拭いていて綺麗好き」「真面目に努力している」との印象を私は持っていました。

まだ子供は成長期なので、多汗症が「これから長く付き合っていく疾患」となるのか、「今後成長と共に症状が薄れていく」のかまだ分かりませんが、汗をかいたらこまめに拭き取り、体を清潔に保つ工夫を身につけて行って欲しいと思います。

多少濡れていても、清潔感があるだけで随分印象は違ってくるかなと思います。



人によって多汗症の原因は様々で、
・全身発汗が多い
・睡眠中も手足から発汗する
などの場合は他の病気の可能性があるので、その場合は自己判断せずに病院に相談しましょう。



上記の内容はカウトコで買い取りされたレシート情報を基に作成されております。
掲載内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された当時から情報が変更になる場合や、情報を誤って掲載する場合もございます。
当サイトの掲載内容によって生じたトラブルなどに関しましては、カウトコは一切責任を負うものではありませんので予めご了承ください。
カウトコ~レシート買い取りサイト~では、あなたのレシートを買い取りしています。
会員登録してレシート投稿を行うとポイントを獲得でき、集めたポイントはAmazonギフト券等に交換することが出来ます。
また、会員様を対象に定期的にポイントプレゼントや宝くじキャンペーン企画を行っていますので、この機会にぜひ会員登録を!!

関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿

高価買取情報

現在、以下の情報を高価買取りしております。(レシートや納品書、ネットショップの購入履歴のスクリーンショット等、購入したことがわかる情報であればなんでもOK)

・開店一か月以内の店(備考欄にてその旨を記入)
・SUP・カヤック・ボート用品:10pt~100pt
・パソコン本体:10pt~300pt
・新車(車・バイク本体):100pt~
・キャンプ用品:10pt~100pt
・釣り道具:10pt~200pt
・レビュー付きレシート(店舗レビュー・商品レビュー・割引内容などのお買い得情報)

※上記は目安金額であり、買い取りを保証するものではありません。
※レシート画像から商品の内容、店舗名、購入金額、購入日がわからない場合は、備考欄で内容の補足を記入していただかないと買い取りできませんので、あらかじめご了承ください。

人気記事