100均アイテムでオシアコンクエスト リミテッド 300HGのリールカバーを自作


100円ショップの電子機器の収納用クッションケースを使用して、オシアコンクエスト リミテッド 300HG用リールケースを自作しました。
竿につけたまま使用できるリールカバーの自作です。↓


当方が購入したのは、10インチの電子機器の収納に便利なモバイルケース。
ダイソーの200円商品です。
専用の袋と比べると見た目が悪くなりますが、適度なクッション性があって柔らかく、加工しやすい生地です。

100均アイテムのモバイルケースでリールカバー自作

↑購入した状態の写真はありませんが、ルアーカバーをハンドメイドするためチャック部分以外を余すことなく使用しました。
(チャック部分も何かに使えるかもしれません。)


シアコンクエスト 300HGとゲームタイプスローJ B66-2


↑青物狙い用としてスロージギングで使用しているオシアコンクエスト リミテッド 300HGとゲームタイプスローJ B66-2。
船でポイントからポイントへ移動中にリールを傷つけたくない」ということから、100円ショップ商品でカバーを適当にハンドメイドしてみました。

使い終わったリールを保護するだけなら巾着型でもよかったのですが、ロッドにラインを通してルアーをつけたままカバーできる形を模索しました。





100均アイテムでオシアコンクエストのリールカバーを自作

↑完成形はこちら。

リールカバー自作 グリップ部分に合わせて切込み

↑分かりづらいですが上面カバー部分を2枚付けており、上の写真は1枚めくった状態。
ゲームタイプスローJ B66-2のグリップの部分が出っ張っているので、そこに合わせて切込みを入れています。

ロッドにラインを通しルアーをつけたままカバーできる形に

↑ロッドにラインを通してルアーをつけたままカバーできる形を目指したので、このようにルアーも一緒に挟み込んでかつリールも傷つける心配がない形にしました。
写真では糸が通っていませんが、この切込み部分に糸を通して糸が擦れないようにしています。

100円ショップアイテムで自作したリールカバー

上面のカバーを2枚付けているのでマジックテープ箇所が2か所になっていますが、簡単に装着することができます。
釣りが終わったあとは、リールを洗った後このリールカバーに入れて保管しています。


どういった形にするか決めないまま裁断&ミシン掛けしたので、色々な箇所にカットを入れたりガタガタとミシン掛けした試行錯誤の様子が。

さらに言えば、糸交換が面倒でグレーの生地なのに真っ白で縫っており、端処理部分がかなり目立つ色合い。

ハンドメイド感がかなり強い仕上がりとなりました。

あとから切込みを入れた部分がありますがそこの糸ほつれは全然ないので、この100円ショップの生地だと端処理も特にいらなかった感じがします。


100均アイテムでオシアコンクエストのリールカバーを自作

↑リールカバーはこのような形。
端処理部分は内部に隠しても良かったのですが、リールの保護が目的なので外側に出すようにしました。そのため見た目は不格好。


↑リールカバーのの裏側。
リールをカバーするため適度な丸みをつけたかったので、その点だけ色々迷いましたが、それ以外は特に苦労することなく作ることができました。



実際に使用している様子


100均アイテムで自作したオシアコンクエスト リミテッド 300HGのリールカバーを実際に使用している様子↓



船でポイントからポイントへ移動中、ルアーをつけたままカバーできる形になっています。


【関連記事】
★オシアコンクエスト リミテッド 300HGとゲームタイプスローJ B66-2 使用レビュー

オシアコンクエスト リミテッド 300HGとゲームタイプスローJ B66-2 使用レビュー


上記の内容はカウトコで買い取りされたレシート情報を基に作成されております。
掲載内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された当時から情報が変更になる場合や、情報を誤って掲載する場合もございます。
当サイトの掲載内容によって生じたトラブルなどに関しましては、カウトコは一切責任を負うものではありませんので予めご了承ください。
カウトコ~レシート買い取りサイト~では、あなたのレシートを買い取りしています。
会員登録してレシート投稿を行うとポイントを獲得でき、集めたポイントはAmazonギフト券等に交換することが出来ます。
また、会員様を対象に定期的にポイントプレゼントや宝くじキャンペーン企画を行っていますので、この機会にぜひ会員登録を!!

関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿

高価買取情報

現在、以下の情報を高価買取りしております。(レシートや納品書、ネットショップの購入履歴のスクリーンショット等、購入したことがわかる情報であればなんでもOK)

・開店一か月以内の店(備考欄にてその旨を記入)
・SUP・カヤック・ボート用品
・パソコン本体
・新車(車・バイク本体)
・キャンプ用品
・釣り道具
・レビュー付きレシート(店舗レビュー・商品レビュー・割引内容などのお買い得情報)

※レシート画像から商品の内容、店舗名、購入金額、購入日がわからない場合は、備考欄で内容の補足を記入していただかないと買い取りできませんので、あらかじめご了承ください。

人気記事