【テルッツオ】ルーフバッグ バミューダフレックス5700 EA570BFX使用レビュー

2018年4月公開 2022/12/20更新

テルッツオ バミューダ・フレックス5700 EA570BFX購入レビュー

 ▲TERZO ( テルッツオ ) のルーフバッグ バミューダフレックス5700 ブラック EA570B。
キャンプ用に購入しましたが、使い勝手がよく、思い切って購入して良かった商品。

2017年に購入して5年経過していますが、年に数回の使用頻度ながら今でも重宝しています。



【テルッツオ】バミューダフレックス5700の価格


購入はamazonにて。

TERZO ( テルッツオ ) ルーフバッグ バミューダ・フレックス5700購入領収書

【Amazonにて2017/5/13購入】
2018年1月には新「バミューダフレックス」が発売され、
■ボックス内部の底板の取り外し可能
■エアロバー/スクエアバー取付クランプが共通化
となり、メンテナンス度と装着のしやすさがUP。



【テルッツオ】バミューダフレックス5700の使用用途


プリウスαキャンプ用品を載せるために購入したルーフボックス。

私のルーフボックスの選定条件は、
■キャンプ時以外は取り外す為、保管時のスペースをあまり必要としない大きさ
■ある程度の防水性がある
■将来的にスキーやスノボー用品が入る位の広さがある
…といった点。


「TERZO ( テルッツオ ) ルーフバッグ バミューダフレックス5700 ブラック EA570BF」は、独自の折りたたみ構造で薄く畳んで保管できるのが最大のメリット。不要な時に折りたたんで収納すると薄さ15cmに。

ルーフに取り付けたまま折り畳んで移動することも可能。立体駐車場やカーポートの高さ制限もある程度クリアでき、使用しない時は畳んで空気抵抗を少しでも減らすといった使い方もできます。

風受けによるバタつき音が低減されているので、走行時の音は特に気になりません。高速道路を走ることが多いのですが、家族からの騒音クレームは特になし。

旅行の時にも重宝

キャンプ用に購入したルーフボックスですが、家族+αの旅行で荷物がいっぱいになる時にも重宝しています。

寒い時期に旅行に行く時には、雪に備えてのグッズを持参しているのですが、

タイヤチェーン・スコップ・スクレイパー・軍手・ゴム手袋・長靴・膝あて・カイロ・懐中電灯・人数分のキャンプ用寝袋orブランケット・使い捨てビニール足カバー
……などそこそこ嵩張るので、ルーフボックスにまとめて入れています。(車内には非常食・簡易トイレも準備。)

悪天候時に旅行はあまりしたくないのですが、日本海側に宿泊予約すると雨や雪の日になることがかなり多いので、こういったアイテムは必ず持参するようにしています。


ルーフボックスはかなりの量の荷物が入るので、予備の荷物を積みやすいのは嬉しい点。人数いっぱい車に乗っていても、手荷物以外はルーフボックスに入れておけるので、ゆったり過ごすことができています。



【テルッツオ】バミューダフレックス5700のルーフへの載せ降ろし


ルーフへの載せ降ろしは、

1,地面で組み立てたものをルーフに上げる
2,折りたたまれた状態のものをルーフに上げた後、ルーフ上で組み立てる
……の2パターンありますが、私は先に組み立てたものをルーフに上げています

我が家では夫婦でこの作業をやるので問題ないのですが、一人でやるのは男性ならしんどいですが何とか可能、女性はおそらく無理もしくは非常に困難だと思われます。
本体はカタログによると22kgなので、この重さの長尺物を持ち上げるのは一人では大変。


折り畳んだものをルーフに上げてから組み立てするなら、脚立等があれば女性でもなんとか。
ただし、ルーフ上で組み立てるのは作業がしづらいく、高所作業の危険性もあります。上げる時に手伝ってもらえる人がいるのであれば、組み立ててから載せた方が良いかと思います。



組み立てや取り付け方法は公式サイトの動画を参考に。


【テルッツオ】バミューダフレックス5700の容量


ルーフボックスの中に入れられる容量は、バミューダフレックス5700という商品名の通り570リットル

テルッツオ バミューダ・フレックス5700 EA570BFX購入レビュー

▲我が家ではテント、タープ、タープポール、シュラフ、着替えなど、軽いけど嵩張るものを中心に入れていますが容量は十分

他のボックスと違う点は、中の高さがそこそこあるので大きめのものも楽々入れることができることです。

バミューダフレックス3700というもう少し小さいタイプもありますが、軽自動車に5700を載せて走行してみても問題なかったので、「どうせ買うならと大きい方を」と選択しておいて良かったです。


▲ただ、「あまり長いと収納スペースに困る」といった場合は、バミューダフレックス3700も有かと思います。こちらの方が15kgと軽いので、容量的に問題なければこちらを選択しても。




【テルッツオ】バミューダフレックス5700の使用レビュー


折り畳める・容量が大きいといったメリットの他に、左右両開きという点も使いやすいポイント。どちらの方向からも積み降ろしできるので、奥に入れたものが取り出しにくいということがありません。

インナーベルトも付いているので、荷物の固定もできます。

我が家の利用シーンには非常にマッチしたこの商品ですが、

■最初はジッパーが固い
■生地が布なので完全防水ではなく、ルーフにつけっぱなしにしたり屋外に放置するには向いていない
といった短所もあるので、どういった使い方をしたいのかを見極める必要があるかとは思います。

ジッパーの固さ問題は、シリコンスプレーを塗ることでたいぶ解消されました。※個体差によるのかもしれませんが、最初は開け閉めに苦労しました。

使用上の注意として完全防水ではないとありますが、撥水表面加工がされており、悪天候や雨天時にも使える設計になっています。ファスナーからの浸水も、購入して5年経っていますが今の所ありません。

テルッツオ バミューダ・フレックス5700 EA570BFX購入レビュー

▲旅行中に雨がたくさん降りましたが、外側は濡れているものの、撥水表面効果でパンパンと手ではたくと水が落ち、ファスナーからの浸水もありませんでした。

ただ、上の写真のように中を開けるので、雨が激しく降っている時に物の出し入れをするのは厳しいかなと思います。物の出し入れは雨が少ない時間帯を狙うか、屋根付きの場所でするかになるかと。

ルーフボックスの利用法としては、
■キャンプ
■家族旅行
■コストコなどで大量に商品を購入して荷物が増える予定の時
などに活用しています。

ルーフボックスを購入してから、行動の幅が広がったので良かったです。

冬キャンプの車積載
▲冬キャンプでは大きめストーブなどを持ち込むため、ルーフボックスなしだと上の写真のようにぎゅうぎゅう詰めになることもしばしば。

安全性を考えると、ルームミラーによる後方確認はできるようにしておきたいところ。こういった時にルーフボックスを利用すると車内に余裕が生まれるので、荷物が多くなりがちな冬キャンプの時にかなり重宝しています。


ちなみに、最近愛用しているテントはowagaのオーナーロッジヒュッテレーベン

【関連レビュー記事】
【オーナーロッジ ヒュッテレーベン】お座敷こたつスタイルで冬キャンプ仕様に
【ヒュッテレーベン】デュオ/ファミリー/キャノピー/お座敷/ソロテントのレイアウト紹介


【テルッツオ】バミューダフレックス5700の使用例ー1-


テルッツオ ルーフバッグ バミューダ・フレックス5700 EA570BFX購入レビュー

▲旅行の時にルーフボックスを使用。
上の写真とは違う日ですが、またも雨。
宿泊予約日の雨の日が多すぎ問題……


プリウスαで大人4人・子供2人で旅行に出かけたので、人数分の寝袋&ブランケット・防寒着・翌日の着替え一式などを入れるために利用しました。


物の積み下ろし時用に、折りたたみの脚立も持参。


傘も一緒にルーフボックスに入れておくと、奥の荷物を取るのに便利なのでおすすめ。
傘の柄の部分を使って、奥の方に入れてあるバッグなどを手前に寄せることができます。

テルッツオ ルーフバッグ バミューダ・フレックス5700 EA570BFX購入レビュー

▲今回は日本海側への長距離移動で、冬場だったのでタイヤチェーンも一緒に乗せることにしました。
6人も乗っていると足元に置くのは邪魔なので、ルーフバッグがあって助かりました。

持参したタイヤチェーン

私が住む地域にはあまり雪が積もることはないのですが、冬の日本海側によく旅行に行くため、タイヤチェーンをAmazonで購入。

テルッツオ ルーフバッグ バミューダ・フレックス5700 EA570BFX購入レビュー

【2018/10/31にAmazonで注文】

カーメイト 【2016年メーカー生産終了モデル】 日本製 非金属タイヤチェーン バイアスロン クイックイージー QE11 12,770円(税込)

取り付けにはコツがいりますが、装着は意外と簡単で、持っているだけで安心できます。箱はそこそこ大きめですが、ルーフバッグが大容量なので問題なしでした。



▲2022年12月の兵庫~岡山~鳥取旅行の際に積雪があったので、タイヤチェーンを使用しました。

雪が降り積もった後で取り付けをすることになったので、タイヤ周りの雪をスコップで退けたりしながらの取り付け。膝が汚れるので、ビニール袋やレジャーシートが役立ちました。


冬の旅行では雪の日と重なることが多いので、ルーフボックスに予備として載せておいて良かったです。


【テルッツオ】バミューダフレックス5700の使用例ー2-


▲2022年12月に、兵庫~岡山~鳥取へ旅行。
今回も雪が降りましたが、表面の撥水加工のおかげで中の荷物への濡れはなく、少々の雨や雪なら大丈夫そうです。

ただ、そのまま収納袋に収納すると蒸れてかびてしまうかもしれないので、今回は旅行から帰ってきてからルーフバッグの中身を出して、数日車に載せたままにしておきました。
乾いてから収納袋に入れました。


旅行・キャンプ……と翌週もルーフバッグを使う予定がある時には、そのまま1~2週間載せっぱなしにすることもありますが、あまり色褪せたりしていないのは嬉しいところです。


【テルッツオ】バミューダフレックス5700のデザインについて


テルッツオ ルーフバッグはたっぷり積み込むことができる上に、見た目も格好いいのが気に入っています。他の人と被ったこともなく、キャンプ場でも映えます。

キャンプによく行きますが、同じメーカーの同じテントがずらりと並ぶ中に一緒にいるよりは、他の人と被らないテントやタープが好みなので、他の人と被りにくいというのが気に入る方もいるかなと思います。


PIAA/ピア公式サイト:http://www.piaa.co.jp/4rin/roof/
PIAA/ピア公式サイト(バミューダフレックス):
http://www.piaa.co.jp/category/4rin/carrier/roofbox/#bermudeflex

上記の内容はカウトコで買い取りされたレシート情報を基に作成されております。
掲載内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された当時から情報が変更になる場合や、情報を誤って掲載する場合もございます。
当サイトの掲載内容によって生じたトラブルなどに関しましては、カウトコは一切責任を負うものではありませんので予めご了承ください。
カウトコ~レシート買い取りサイト~では、あなたのレシートを買い取りしています。
会員登録してレシート投稿を行うとポイントを獲得でき、集めたポイントはAmazonギフト券等に交換することが出来ます。

関連記事

0 件のコメント :

高価買取情報

現在、以下の情報を高価買取りしております。(レシートや納品書、ネットショップの購入履歴のスクリーンショット等、購入したことがわかる情報であればなんでもOK)

・開店一か月以内の店(備考欄にてその旨を記入)
・SUP・カヤック・ボート用品
・パソコン本体
・新車(車・バイク本体)
・キャンプ用品
・釣り道具
・レビュー付きレシート(店舗レビュー・商品レビュー・割引内容などのお買い得情報)

※レシート画像から商品の内容、店舗名、購入金額、購入日がわからない場合は、備考欄で内容の補足を記入していただかないと買い取りできませんので、あらかじめご了承ください。

人気記事